費用対効果のフィンペシア

フィンペシアは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症に優れた効果を期待出来る医薬品です。
主成分としてはフィナステリドを1錠あたり1mg含有しています。
これは、医療機関で男性型脱毛症に対して処方されるプロペシアと同様の含有量になります。
もともと男性型脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの存在です。
頭皮に高濃度のジヒドロテストステロンが存在する事で、正常な育毛サイクルが妨げられ、脱毛が急速に進行するのです。
ジヒドロテストステロンは、もともとは通常のテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。
ところがある酵素の働きにより、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する事が知られています。
この酵素の働きを妨害してくれるのが、フィナステリドです。
このフィナステリドの含有量はプロペシアもフィナステリドも同じなのですから、男性型脱毛症に対する効果としては、両者に大きな違いは無いと言う事になります。

もともと医薬品は、その効果によって二つに分ける事ができます。
飲むとすぐにその効果を発揮する即効性の医薬品と、飲み続ける事で症状の進行を遅らせたり、原因の治療を行う持続性の医薬品です。
例えば市販の風邪薬などの宣伝文句を思い出してみて下さい。
「飲むとすぐ効く」などのテレビコマーシャルは、多くの方が耳にした事があると思います。
この様な医薬品が即効性に分類されるタイプなのです。
残念ながら男性型脱毛症に関しては、「飲むとすぐ効く」即効性タイプの医薬品は存在していません。
主成分がフィナステリドの治療薬は、飲み続ける事で、男性型脱毛症の進行を遅らせたり、治療を行っていきます。
これは逆に言うと、効果を期待する為には一定期間、継続して飲み続ける必要がある医薬品だと言う事です。
ここで問題になってくるのが、利用者の経済的負担です。
一度飲むだけで効果を期待出来る医薬品なら、少々高額でも問題はありません。
しかし毎日毎日、飲み続ける必要のある医薬品の場合はどうでしょうか。
その費用は、ボディブローの様に確実に経済的ダメージとなって、利用者の負担を増していきます。

フィンペシアの最大のメリットは、まさにこの点にあります。
プロペシアに比較すると、後発医薬品(ジェネリック)である為、はるかに安価な値段で入手が可能です。
プロペシアと異なる点としては、錠剤のコーティング剤の細かい成分などで、主成分はまったく一緒です。
男性型脱毛症の医薬品による治療効果は、最低でも半年間を経過してからと言われています。
この点でも、費用対効果に優れるフィンペシアのメリットは大きいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*