フィンペシアの注意点

抜け毛や薄毛に悩む人で、医薬品によって改善を図ろうとする人も増えていています。
病院で処方される代表的な薬は、「プロペシア」という男性型脱毛症治療薬です。
いわゆる「飲む育毛剤」と言われていて、飲み続けることによって体の中から育毛を活性化することを期待した薬品です。
よく知られるようになってきているもうひとつの医薬品として、「フィンペシア」があります。
フィンペシアは、効能や成分がほとんどプロペシアと変わらない薬ですが、ジェネリック医薬品として販売されており、プロペシアよりかなり安価な価格で手に入れることができる、というメリットがあります。
しかし、フィンペシアはまだ国内では未認可の薬品のため、通常は病院で処方されることはなく、服用している人のほとんどは、個人輸入のサイトなどで手に入れているようです。
このフィンペシア、早い人なら数ヶ月、また一年ほどで効果があらわれてきます。
しかし、その人の体質や生活習慣によっても個人差があります。
どんなに頑張って高い薬を飲んでも、生活習慣がメチャクチャなら、まったく意味がないでしょう。
薬を飲み続けると共に、栄養をしっかり取り、きちんとした睡眠を心がけ、ストレスをためないようにすることも大事です。
普段の生活習慣の改善が、薬の効果も倍増させます。
副作用についても考えてみましょう。
当然のことながら、フィンペシアも体に取り入れる医薬品ですから、副作用がないとは言い切れません。
どんな薬にも副作用はあります。
フィンペシアを服用している人の中には、下痢や頭痛、下腹部の違和感などを訴える人もいます。
また、男性ホルモンに影響するため、男性機能の衰えを感じる人もいます。
服用を続けるうちに、そのような症状がなくなる場合もありますが、あまりにも長く続き、その症状が大変なようなら、服用をストップしたほうがいいでしょう。
また、仮に服用したことで体に重篤な問題が生じても、フィンペシアは日本では未認可の薬なので、生じた問題に関してはすべて自己責任で解決しなければならない、ということも覚えておきましょう。
また、個人輸入で購入する際に注意したいのが、偽物です。
見ただけでは、本物か偽物かなんてわかるはずはないのですが、そのようなリスクもある、ということだけでも購入の前に覚えておきましょう。
ずっと飲み続けているのに、全く効果がない、という場合は、あやしいかもしれません。
購入の前に上記の点を考慮し、得られるメリットとデメリットをよく吟味したうえで服用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です